NAGOYA Repositoryへの研究成果の登録について
名古屋大学の研究者の皆さま
附属図書館長
日頃から附属図書館の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
NAGOYA Repository(名古屋大学学術機関リポジトリ)は、学内で生産された電子的な研究成果を、名古屋大学として責任を持って収集、蓄積、永続的に保存し、学外に向けて無料で公開するものです。
研究者の皆さまにとっては、ご自分の成果をより多くの読者に届けることが可能になります。また名古屋大学にとっては、国立大学法人としての説明責任を果たし、より社会に貢献することができるようになります。そのため、全学事業として構築を進めているところです。
NAGOYA Repository構築への、ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。



各登録要領にしたがって、登録依頼をしてください。
名古屋大学学術機関リポジトリ要項(pdfファイル)
 
登録者
下記の方は、NAGOYA Repositoryに教育・研究成果を登録できます。
  • 本学に役員、職員又は大学院学生として在籍し、又は在籍したことがある者
  • 本学から博士の学位を授与された者
  • 本学の役員又は職員が委員又は代表を務める学会等の学術研究団体
  • その他、附属図書館長が適当と認めた者
 
登録可能な成果物
NAGOYA Repositoryには、学術雑誌掲載論文のみならず、以下のように幅広い資料を登録します。
  • 学術雑誌掲載論文(紀要掲載論文含む)
  • 学位論文(博士論文)
  • 会議録(proceedings)
  • 会議発表資料(Powerpoint、配布資料、ポスター)
  • 図書
  • プレプリント
  • 報告書(科研費報告書、ワーキングペーパーなど)
  • 教材
  • その他
 
登録上の注意
登録依頼の際には、以下の点をご確認ください。
  • プライバシーに関わる内容を含んでいないか。含む場合は被験者等の本人から許諾があるか
  • 盗用・剽窃等、著作権法または研究倫理上で問題がないか
  • 出版社・学会・共著者等から許諾があるか
  • 著者・共著者以外の者が著作権を有する図表、写真、データ、資料を含んでいないか。含む場合はこれらの著作権者から許諾があるか
  • 研究を遂行するために学内外の機関・個人と契約した場合、その契約によって研究成果の公開手段が制約されていないか
  • 特許・実用新案等の出願に関わる場合、論文公開がこれらの権利取得に影響がないか
  • 研究成果を後日に出版(複数の論文をまとめたものや改訂を含む)する予定である場合、出版社から許諾があるか
出版社・学会の許諾は図書館で確認します(博士学位論文以外)。博士学位論文の場合も、著作権についてわからない場合はご相談ください。
 
よくある質問
登録したコンテンツの著作権は名古屋大学に移譲されますか?
移譲されません。登録論文の著者または出版社に帰属する著作権は、そのまま保障されます。登録者は、名古屋大学に対し、次の3点について無償で許諾していただきます。
  • 名古屋大学の学術機関リポジトリに登録すること
  • ネットワークで無料公開すること
  • 保存等のために複製すること
他大学に在籍していた時の成果物の登録はできますか?
本人(著作者)の希望があれば可能です。すでに他大学で登録済のものも、NAGOYA Repositoryでの登録が可能です。

他大学に異動した場合や退職後に登録データはどうなりますか?

特に申し出のない限り、永久的にNAGOYA Repositoryで保持されます。

登録したコンテンツの削除をしたい場合はどうすればいいでしょうか?

お問い合わせください。