学術雑誌論文・教材その他の登録方法
ir-submit::nul.nagoya-u.ac.jp 宛(::は@に置き換え)に、下記の内容を本文として登録したい電子ファイルを送ってください。

件名:リポジトリ登録希望
  本文:
  下記の論文についてリポジトリ登録を希望します。
  なお,共著者の同意を得ています。
  ■論文情報■
  タイトル:
  著者名:
  雑誌名:
  Volume:
  Issue:
  Year:
  Page:
  DOI:


注意事項

  • 共著者も登録に異存がないかご確認ください。確認方法は問いません
  • メールの添付ファイルサイズの上限は15メガバイトです。 ファイルサイズが大きい場合は、NUSSなど別の方法でご送付ください
  • PDFファイルが望ましいです。それ以外のファイル形式の場合は、原則として、図書館でPDFに変換します
  • ファイル名は、半角の数字・半角のアルファベット・半角のアンダーバー及びハイフンのみを使用してください
  • 出版社や学会が出版する論文のリポジトリ登録条件は、図書館で確認します。登録できない場合はご連絡します
  • 後述のように、多くの学術雑誌は、電子ジャーナルサイトからダウンロードしたファイルの登録を認めていません。抜き刷り、in proofファイルも使用できません。学術雑誌掲載論文の登録の際には、査読後の最終原稿ファイルが必要な場合が多いです。雑誌ごとに規程が違うので、詳しくはお問い合わせください
 
学術雑誌論文の著作権について
学術雑誌掲載論文は、投稿規程内で定めたり、著作権譲渡書(Copyright transfer agreement)を取り交わすことによって、著者が出版者(学会・商業出版社)に著作権を譲渡している場合が一般的です。その契約の際に、多くの出版者が著者に対してリポジトリ登録を条件付きで認めています。
出版後数か月~数年後以降に著者最終稿であればリポジトリに登録可、としている出版社が多いです。

著者最終稿とは?
最終的に出版社へ提出した査読後の最終原稿のことを指します。出版社はこの原稿を受理した後、レイアウトの変更やページの割り付け、ロゴの配置等の編集を行って出版(出版社の電子ジャーナルのサイトで掲載されている形式で)を行います。

主な出版社の著作権の許諾条件については、以下のウェブサイトで確認することが可能です。