これから名古屋大学へ学位を申請される方へ
学位規則の一部改正により、平成25年4月以降に学位授与される方の博士学位論文は、特別な場合を除いて、原則としてNAGOYA Repositoryで公開することになりました。
博士論文を提出する際には、所属する研究科の指示に従い、所定の方法で提出してください。
著作権処理についてなど、自分で調べて分からない等の場合は指導教員や図書館にご相談ください。

電子ファイルの形式について
  • 原則としてPDF形式(PDF/A (ISO-19005)が望ましい)で提出して下さい
  • 主論文の電子ファイルは、表紙・目次や図表なども結合した1ファイル(表紙・目次や図表なども結合したもの)の形で提出してください
  • ファイルサイズが大きい場合は、ファイルを分割して登録することがありますのでご了承ください
  • PDFの設定について、長期的な可読性、保存、アクセシビリティ確保の観点から、以下の点を確認してください
    • 機種あるいはベンダー依存の形式でないこと
    • 外部情報源(外部フォント等)を参照していないこと
    • 暗号化、パスワードの設定、印刷制限等を行わないこと
 著作権について
  • 博士学位論文の著作権は著者本人にあります。NAGOYA Repositoryで公表することによって名古屋大学に著作権を譲渡することはありません
  • 学術雑誌論文を博士学位論文として提出する場合は、NAGOYA Repositoryでの公表に出版社や学会の許諾が必要かもしれません。著作権譲渡書等を確認してください
  • 博士学位論文の内容を書籍として出版、あるいは出版予定の場合は、公表可否や許諾条件について、出版社に確認してください
その他の注意事項
主論文のインターネット公表を保留すれば二重投稿規程をクリアできるかどうかは、その雑誌(学会や出版社)のポリシーによります。以下の点にご注意ください。
  • NAGOYA Repositoryでは学位授与日を発行日(Issue Date)として登録しています
  • 主論文の要旨・審査結果の要旨・要約は非公表にできません
  • インターネットで全文を非公表とした場合でも、全文のデータは図書館で保管し、求めに応じて閲覧・複写に供することになっています(学位規則改正前の印刷公表でも同様です)
 
平成25年3月31日以前に名古屋大学から学位を授与された方へ
名古屋大学学術機関リポジトリ登録・公表許諾書(博士論文用)(pdfファイル) (wordファイル)を下記宛に提出いただけば、附属図書館が所蔵する該当の博士学位論文を電子化して公開いたします。

博士論文が雑誌に掲載されている、あるいは書籍として出版されている場合等、著作権処理が必要な場合は図書館で行いますので併せてお知らせください。

<公表許諾書提出先(メールでの提出可)>
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 B3-2(790)
名古屋大学附属図書館 学術機関リポジトリ担当(図書情報係) 
Tel:052-789-3691 
E-mail: ir-submit::nul.nagoya-u.ac.jp(::は@に置き換え)