学内刊行物の登録方法
名古屋大学内の学部・研究室等で発行している刊行物であれば登録可能です。
登録を希望される場合は、ir-submit::nul.nagoya-u.ac.jp 宛(::は@に置き換え)に登録申請書(wordファイル)をご提出ください。

著作権について
NAGOYA Repositoryに登録するには、著作権に関して下記のいずれかを満たす必要があります。
  • 発行物の著者(以下著者)から発行団体に著作権が移譲されている
  • 発行団体が発行物の頒布について裁量を持っていることを著者が同意している
  • NAGOYA Repositoryへ登録することについて著者から同意を得ている
発行物の一部の論文について著者の同意が得られない場合は、同意を得られた論文のみを登録することが可能です。

電子ファイルについて
電子ファイル(PDF)での提供が望ましいです。その場合、ファイル名は、半角の数字・半角のアルファベット・半角のアンダーバー及びハイフンのみを使用してください。
論文の電子データがない場合、裁断可能な冊子をご提供ください。図書館で電子化します。余剰の冊子がない場合、図書館所蔵の製本雑誌を使って電子化することも可能です。

ご不明な点等ありましたら、お気軽にご相談ください。
 
DOIに関して
名古屋大学はジャパンリンクセンターの準会員であり、JalcDOIを付与することが可能です。
希望する場合は、登録申請書(wordファイル)に必要事項をご記入ください。

冊子にもJalcDOIを印字したい場合は、編集担当者ご自身で、印刷所へ入稿前の原稿にJalcDOIを追加する必要があります。事前にリポジトリ担当者と打ち合わせした規則にしたがい、リポジトリに登録しない原稿にDOIを印字したり、あらかじめ申請したDOIの規則に合わないDOIを付番したり等、誤りがないよう慎重に作業してください。

JalcDOIとは
国際DOI財団(International DOI foudation)から認定されたDOI登録機関であるジャパンリンクセンターが登録するDOIです。DOIとは、Digital Object Identifierの頭文字で、コンテンツ(主として電子的なコンテンツ)を識別するための文字列(デジタル識別子)です。DOIを付与することで、コンテンツの国際的な流通促進が期待できます。(ジャパンリンクセンターの説明より)


NAGOYA RepositoryにおけるDOI付与について(pdfファイル)
 
名古屋大学関連学会発行物の登録方法

名古屋大学の役員または教職員が委員等を務める学術団体の刊行物を登録できます。


申請方法
以下の書類をリポジトリ担当宛てに電子メールで送ってください。

電子メールアドレス:ir-submit::nul.nagoya-u.ac.jp 宛(::は@に置き換え)

図書館基盤整備委員会で、本学の教育及び研究活動に反しないことを確認し、利用可否を審議します。審議結果はリポジトリ担当からご連絡します。登録可能となりましたら、電子ファイルまたは冊子をご提供ください。

申請と登録の流れ(pdfファイル)

注記

  • 著作権処理や電子ファイルについては、学内刊行物の場合と同じです
  • 次号以降の登録の際には、電子ファイルまたは冊子と、引き続き、名古屋大学の役員または教職員が当該団体の委員等であることが確認できる名簿等をご提供いただければ登録します
  • 過去にさかのぼったバックナンバーの登録も可能です
  • 学内刊行物と同様に、DOIの付与が可能です。また、CiNii等、学術データベースに情報が流れます

ご不明な点等ありましたら、お気軽にご相談ください。